【展示会のお知らせ】9/23〜26 京もの認定工芸士会『響』第2回工芸展

京もの認定工芸士会「響」第2回工芸展

【展示会のお知らせ】9/23〜26 京もの認定工芸士会『響』第2回工芸展
「京もの認定工芸士」は、京都府が指定する「京もの指定工芸品」34品目の従事者のうち、特に技術に優れた職人に対して授与される称号です。
「響(ひびき)」は、有志が集った主に職人歴10~30年の若手・中堅の職人で構成されたグループ。
2019 年1 月に開催した第一回工芸展では作品をより多角的に理解してもらうために素材や道具を含めた展示を行い、2021 年2 月に開催した「オンライン展示会~予習~」に続き、響として2 回目となる「第2 回工芸展」が令和2年9月23日〜26日に 開催されます。

・・・・・━━━━━━━━━━━・・・・・
2021年9月23日(木)~9月26日(日)
京もの認定工芸士会「響」 第2回工芸展
〈会場:オンライン開催〉
後援:京都府、京都市、京都伝統産業ミュージアム
★出品内容
西陣織(手織法衣金襴織、爪掻きつづれ織)
京友禅(手描友禅、金彩工芸、引染め・ぼかし)
京焼・清水焼(絵付、成形)
京仏具(鳴物鋳造、箔押し、蒔絵)
京竹工芸(竹編)
京銘竹(竹垣)
京印章
京都の金属工芸品(かざり金具)
京漆器(蒔絵)
京扇子(金彩)
京たたみ
京の神祇装束調度品(御簾)
★京もの認定工芸士会「響」
京都府は、伝統産業である京都の工芸品34品目を “京もの指定工芸品” とし、工芸に携わり、優れた技術を持つ若手職人に “京もの認定工芸士” の称号を授与してきました。
「響」は、京もの認定工芸士の資格を持つ有志が集まり2018年に発足。京都府や京都市とも連携しながら、自分たちで企画運営を行い、工芸の活躍の場を広げようと活動している団体です。
・・・・・━━━━━━━━━━━・・・・・
この展示会には、弊社職人の真下彰宏が参加いたします。
作品名「京銘竹袖垣 雲龍」
詳細
京都府や京都市に指定されている工芸品「京銘竹」を使った袖垣になります。
「京銘竹」は、白竹、図面角竹、胡麻竹、亀甲竹の4種あり、京都のみの製法で丁寧に作られたそれぞれに趣きのある竹です。
その4種の京銘竹、さらには煤竹や黒竹といった様々な竹材を贅沢に使った作品となりました。
作品名の「雲龍」は、袖垣の屋根の部分を雲に見立て、柱に使った亀甲竹を雲に向かう龍と見立てました。
先行きの見えにくい世の中ですが、悲観する事無く上を向いて進むこと願う気持ちを作品に込めました。
通常の袖垣が1m70cmほどの高さがあるのに対して、この袖垣は高さ1mと小さなものになります。
玄関の外で使うのが一般的ですが、このサイズですとインテリアや店舗の装飾など幅広くお使い頂けます。

こちらのイベント情報を、京都新聞アート&イベント情報サイト「ことしるべ」に掲載して頂きました。↓

http://event.kyoto-np.co.jp/feature/artspot/1631850178.4049.html