「竹のひかり」長岡京バンビオイルミネーション2018の制作に、弊社職人が参加しました!



長岡京バンビオイルミネーション2018

「竹のひかり」長岡京バンビオイルミネーション2018

 

“竹の町”京都府長岡京市で、一風変わった竹のイルミネーションが開催されています。

JR長岡京駅前バンビオ広場公園やJR長岡京駅西口一帯を彩る、冬恒例の「バンビオイルミネーション」が、今年から市内名産の“竹”を使ったイルミネーションに生まれ変わり、竹を使った装飾が広場公園を飾っています!

竹アーティストの三橋玄氏による演出で、弊社竹垣職人で「京もの認定工芸士」真下彰宏(長岡京市出身)も制作に携わっております。

近隣の小中学生の作品や、ふるさと納税で制作した竹燈籠も並び、

初日には、点灯式とマルシェが開催され、12月14日にはホールでダンスなどのイベントが催されます。

長岡京バンビオイルミネーション2018真下

 

 

イベント概要

第14回 長岡京バンビオイルミネーション2018『竹のひかり』

開催期間

2018年12月7日~2019年1月14日  点灯時間/日没~22:00 ※一部、23:00まで

〜点灯式〜

2018年12月7日 (金)17:45〜

〜組紐を結ぶワークショップ〜

2018年12月2日(日)・2018年12月26日(水) ※参加申し込み不要  

〜お茶会〜

2019年1月6日(日)

たくさんの方のご参加をお待ちしております!

 

開催場所

京都府長岡京市JR長岡京駅西口一帯(京都府長岡京市バンビオ広場公園)

主催

バンビオ広場公園等にぎわい創出事業実行委員会

後援

長岡京市、長岡京市教育委員会、長岡京市商工会、長岡京市観光協会、京都新聞

協力

ライトアート株式会社、高野竹工株式株式会社、長岡銘竹株式会社、otokuniレザミ、昇苑くみひも

広報デザイン

鯵坂兼充

<真下彰宏プロフィール>

竹工芸 竹垣職人

京もの認定工芸士

1977年横浜生まれ。5歳の頃に京都府長岡京市へ移り住み、「竹」と身近に育つ。

京都伝統工芸専門校で竹工芸を学び、卒業後1998年に長岡銘竹株式会社に入社。入社以来、師である三島一郎(京の名工)に師事し、竹垣製作に従事する。主な仕事に、桂離宮、京都迎賓館、平安神宮、松花堂庭園などがある。2015年3月、京都府知事より、「京もの認定工芸士」に認定される。現在、アメリカやイタリアで竹垣製作や実演をするなど、海外での竹工芸の普及を目指している。

   

経歴

2013年 バンブーデザインコンペ 奨励賞

2014年 竹工芸公募展in京都2014   京都市産業技術研究所長賞

2015年 竹工芸公募展in京都2015 佳賞

2015年 京都府知事より「京もの認定工芸士」に認定される。

2016年 バンブーデザインコンペ 奨励賞

2016年 米国イリノイ州ロックフォードのアンダーソン日本庭園のjapanese festivalに参加し、竹垣製作実演をする。

2017年    米国イリノイ州ロックフォードのアンダーソン日本庭園で、竹垣を製作する。japanese festivalに参加し、竹垣製作実演をする。

2017年 イタリア・ローマでギャラリー「DOOZO」にて竹垣製作実演・講演・ワークショップをする。

2018年 米国ミズーリ州セントルイスのミズーリ植物園で、竹垣を製作する。japanese festivalに参加し、竹垣製作実演をする。