勾配がある犬矢来(駒寄せ)の施工



 

先斗町にある「大當両」は、旬のうま味を吟味して工夫を凝らしてお届けする京料理を
鴨川を眺めながらゆったりとお食事できます!

京都へお越しの際はぜひお立ち寄りください。

そんな大當両さんの店舗前の「顔」ともいうべき犬矢来(駒寄せ)を新調させていただきました。

ここの犬矢来(駒寄せ)は、奥行きは短いですが背が高めです。

そしてもう一つ大事な特徴が!地面に勾配があり、右と左で高さが違います!

大當両犬矢来施工前

これがあると竹垣施工のレベルがビビビと上がります。

ですが、弊社ではこの難しい竹垣施工を何度も経験していますので得意としています!

竹垣施工が決まると、とりあえず中の様子を調べます。

大當両犬矢来施工前

なんと、中に出っ張りが!しかも2段も!!

奥行きの短さもあり難易度は間違いなく高めです。

 

地勾配がありますので地面の高さを専用の機械でしっかりと測り、その数値を元にしっかりと作り込みます。

大當両犬矢来施工前 大當両犬矢来施工後

地面にぴったりです^ ^

大當両犬矢来施工後

人通りの多い先斗町だけに気合い入れて作りましたが、犬矢来(駒寄せ)が綺麗に仕上がりよかったです!

大當両犬矢来施工後

お店の方にも「きれいですね〜」と喜んでいただきました^ ^