年末年始 竹垣のメンテナンス(1)



年末から年始にかけまして、竹垣のメンテナンスのお仕事が多くありました。

やはり、新しい年を迎え、気持ちも新たに!装いも新たに!って 感じなのでしょうか?

竹垣は、雨や風、太陽の日差しによって、日々傷んでいます。

それを竹垣の“わびさび”ともいいますが、メンテナンス次第ではもっと竹垣をきれいに保ち長持ちさせることが

出来ます!

下の写真は、竹垣を作成してから3年ほど経過した建仁寺垣です。全体に黒ずんできてることが分かります。

竹垣のメンテナンス

屋根があるところは比較的きれいなあめ色になっています。

特に雨が当たるところで黒ずみが発生しています。

 

竹垣のメンテナンス

メンテナンス後は黒ずみを除去できています。

左側→洗いが完了しています。  右側→洗う前の状態です。

比べると一目瞭然ですね(^^♪

 

竹垣のメンテナンス

右側もしっかりと洗い、乾いたところに、撥水剤を塗布しました。

これで、しばらくの間雨水をはじき、汚れを寄せ付けません!

黒ずみを除去するだけで、中から出てくるのはきれいなあめ色の竹垣なんです!

メンテナンスをするだけで、きれいな竹垣を毎日眺められるのですから、これは是非とも試していただきたいです!

もちろん、ご自分でなさるのが困難な場合は、我々プロにお任せください!