竹垣の二つの役割り



ビニール製の竹で出来た竹垣、最近ではよく見かけるようになりましたね^ ^   竹垣

色々なカラーがあり迷ってしまいますが、この落ち着いた色は風景にも程良く馴染み、素敵な空間になりますよね!じつはこの中には、施設用の大きな室外機が隠されています!

 

竹垣には二つの役割りがあります。

室外機や配管、ブロック塀、洗濯物などあまり見られたく景色を“隠す”役割りと、お客様に喜んで頂くためのおもてなしや住まいのアクセントとして、上質の和空間へといざない見栄えをよく“魅せる”役割りです。

つまり、竹垣をすることで“隠す”と“魅せる”を同時に手に入れることができ、その両方の悩みを解消することが出来ます(^^)

 

建仁寺垣・竹垣の専門店 長岡銘竹では、用途や場所や予算に応じて、よりよいご提案をさせて頂いています。 天然の竹を使うのかビニールの竹を使うのか、どんな竹垣にするのか、高さをどうしよう?どうやって施工するの?等、いろんなご相談に親切丁寧にお答えさせて頂いてます。

まずはお気軽にお電話ください^ ^

075-925-5826

info@nagaokameichiku.com

長岡銘竹ホームページ